毎週の重賞予想はこちらで行っています!

2018シルクロードステークスレース回顧

2018シルクロードステークスはファインニードルが内から抜け出して重賞2勝目をあげました!

恵まれた枠順を活かした競馬となりましたが、2着に2馬身の差をつけており、後続の混戦からただ1頭だけ抜け出しました。快勝といっていい内容です。

セントウルSに続く重賞2勝目となりましたが、セントウルS後に挑んたG1スプリンターズSは12着と大敗。今後は放牧を挟んでG1高松宮記念にチャレンジするようですが、今度こそG1の舞台でも好勝負をしたいところ。

高松宮記念への展望も含めて、レースラップと上位着順馬を中心にレースを振り返ります。




レースラップ

12.2-10.9-10.9-11.1-11.5-11.7

(34.0-34.3=1:08.3)

最速地点 最高速度 失速度合
L3 高速 失速

(馬場は良)

やはりというか、ペースは上がり切りませんでした。逃げたい馬が少ない中でセイウンコウセイがサッとハナを取ったので隊列が早めに落ち着き、前半600mを34秒ちょうどで入りました。

想定と違ったのは、坂を下った後でペースが緩まなかったところ。前半3ハロン目の下り坂の勢いそのままに直線に入っていく、いわゆるスプリント戦らしい全体スピード勝負になりました。

予想結果

馬名 結果
セイウンコウセイ 5番人気2着
ダイアナヘイロー 1番人気16着
ナックビーナス 6番人気5着
セカンドテーブル 7番人気7着

シルクロードステークスの予想公開記事はこちら

◎セイウンコウセイが2着に粘ってくれたおかげで複勝のみ的中となりました。

相手が案外だったのが残念ですね。絞り気味に買ったとはいえ、3点流したならば何らかの馬券はひっかけておきたかったです。

スポンサーリンク

各馬回顧

1着01ファインニードル

好スタートから二の脚もつき、最内枠を活かして逃げたセイウンコウセイの直後のポジションをすぐに取ります。坂の下りでセイウンコウセイが少し離して逃げますが、これにはついていかずジッと好位をキープ。

ずっと最内を通したため4角の出口では2番手に自然と進出。残り200でセイウンコウセイを交わすと最後まで脚色が衰えず、後続勢の末脚もまったく寄せ付けず2馬身差の快勝となりました。

まさに横綱相撲といえる完勝。序盤のポジション取りも速かったですし、折り合いもピッタリとつき、勝負どころまでのレース運びは完璧

直線に入ってからも先行馬では唯一最後まで脚を使い切りました。準オープン勝ちの17水無月Sや17セントウルSもL3最速戦で、緩まないペースが合っています。瞬時に加速するというよりは前半からのスピードを後半まで保って勝負するタイプなので、セイウンコウセイが今回作った流れも向きました。

水無月SやセントウルSでは7秒台の速い馬場で好走していましたが、今回は時計のかかる馬場での完勝劇。ただ、もともと重馬場での好走もあり馬場状態に関しては広く対応できるタイプのようです。

高松宮記念に向けては、コーナーで緩んだ時の対応がポイントとなるでしょう。中京は直線入り口に坂があるので、これに備えて4コーナーではスピードが落ちるケースが多く、昨年の高松宮記念もそういった流れでした。

自分からペースを作れる馬ではないので、展開依存になってしまうのは微妙です。また今回は最内を上手く活かした競馬でしたが、コーナーの対応も上手な馬で内回り向き。この辺も中京に変わった時にどう出るか不安があります。

今回はすべてがはまった競馬だったので、成長は認めますが高松宮記念では微妙な存在だと思います。

2着07セイウンコウセイ

ゲートは普通も押してハナを主張。好スタートを切ったナックビーナスが行く気をみせなかったため、すんなり逃げることができました。

前半3ハロン目の下り坂でもため込みすぎずに、ここで後続を少し離していきます。そのまま単騎先頭で直線へ。

残り200で早くもファインニードルに交わされ苦しくなったかと思われましたが、そこから必死に粘り他の先行馬が脚色いっぱいになってしまいます。外から強襲してきたフミノムーン・カラクレナイに迫られますが、なんとか連対を確保しました。

他に逃げる素振りをみせる馬がいなかったので、強気にハナを取りきったのが正解でした。この馬はL2最速の加速戦が得意な馬ですが、あそこまでマイペースで行かせてもらえるんだったら結果的に坂の下りで緩めずリードを作ったのもプラスに働きました。

昨秋は精彩を欠く内容続きでしたが、ここにきて復調してきたようです。準オープン勝ちの16渡月橋Sが重馬場とはいえ、不良レベルの極悪馬場で快勝。また17高松宮記念も1:08.7と時計がかかる決着でした。今回も自身の走破タイムは1:08.6で、確実に全体時計がかかる馬場向きです。

高松宮記念は年によって時計の出方がバラバラで安定していません。雨が残るような馬場になれば、全体時計の観点からはチャンスが出てきます。また、コーナーで緩んで直線再加速になる中京コースは相性がいいですし、左回りも苦にしません。

あくまで馬場状態次第ではありますが、連覇の可能性もあるのではと思わせる好走でした。

3着04フミノムーン

終い一手の馬でゲートも安定しませんが、今回はまともにスタートを切りました。出てからは馬なりで後方集団の中につけます。

なかなか狭そうなところにいましたが、コーナーで馬群が分かれたところを上手く進め前がクリーンな状態で直線へ。そこからの伸びは一番で、ファインニードルとは水をあけられてしまいましたが、セイウンコウセイに際どく迫る3着に激走しました。

個人的にはスワンSで本命にしておいて、今回これを拾えなかったのは痛恨です・・・。

スムーズな競馬ができたのが一番大きかったですが、時計のかかる馬場向きで今回はコーナーでペースが緩まなかったのがよかったです。

17バーデンバーデンカップや17キーンランドカップは9秒台の走破時計で好走していましたし、時計がかかる馬場で緩みがないレースになると差し脚が発揮できます。

オパールSはドスローの前残りでいかんともしがたいレースでしたし、スワンSは内を通した馬に大きなメリットがあった特殊な馬場。この2走をノーカウントして評価することはできたはずです。

今後も時計がかかる馬場で、前がペースを一旦落とさないレースになれば激走が再度期待できます。特に、8秒台後半で間に合うような馬場は必須でしょう。

また、スワンSで外枠に入って大敗したセイウンコウセイ・フミノムーン・カラクレナイが今回好走しています。このレースで外を回して負けた馬は、巻き返しに期待できます。ちょっと気づくのが遅かったですが・・・。

その他の馬

4着カラクレナイもスワンS大敗からの巻き返し。1400で流れた時が一番いいと思っていましたが、1200にも対応できました。

フィリーズレビューが前半33.5のハイペースで終いがかかるレースだったように、前半からタフなレースになった方がいいのでスプリント戦でも通用したのでしょう。こちらも高松宮記念というよりは、今回のような全体時計のかかるスプリント戦で狙いたいです。

11着アレスバローズはいくらなんでも人気し過ぎでしょう。デムーロ効果恐るべし。

ただし、今回はコーナーでかなりごちゃついた上に、直線の進路も確保できず。残り200で最内に入れて進路はできましたが、すでに圏外の位置だったので鞍上を追うのを止めていました。これで人気が落ちるようなら警戒が必要です。

馬のタイプとしては、L1が12秒台に落ち込む失速戦での好走が目立ちますので、中山のスプリント戦はピッタリ。オーシャンSに出てくるようなら面白いと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. […] シルクロードSのレース回顧記事を作成しました!◎馬もこちらからご確認ください。 […]