毎週の重賞予想はこちらで行っています!

2018京成杯レース回顧

京成杯はジェネラーレウーノが3連勝で重賞初制覇。

東京→中山→中山と2000mを3連勝し、一躍クラシック候補に名乗りを上げました。

未勝利・葉牡丹賞の2戦は逃げて前半スローから直線の切れ勝負で勝ってきており、同型コスモイグナーツの存在で前2走と同じ競馬ができるかどうか不安がありましたが、コスモイグナーツが離して逃げたため、実質馬群の先頭からの競馬となり、直線でも最後までしっかり脚を使いました。

同コース同距離のホープフルSがG1に昇格したことで、レースレベル自体が心配された京成杯ですが、果たして上位組はクラシックでも通用する素材でしょうか!?

クラシックへの展望を中心にレースを振り返っていきます。




レースラップ

12.5-10.7-12.2-11.8-12.5-12.4-12.1-12.5-12.3-12.2
(59.7-61.5=2:01.2)

最速地点 最高速度 失速度合
L4 超低速 超持続

ジェネラーレウーノが大外だったため、テンの速さで劣るコスモイグナーツも楽にハナを取らせてもらいました。

意外だったのが前半のペースの作り方で、1000m通過が59.7と1分を切るハイペース。向正面ではペースを落としたものの、L4地点が最速となっているように落とし切らないで直線までレースが進みました。

その結果、後半1000mはすべて12秒台と、トップスピードの要素が全く問われないレースとなりました。

レースレベルを判断する意味で、ホープフルSとのラップを比較してみます。

ホープフル:12.5-10.8-12.5-11.8-12.0-12.3-12.6-12.8-11.9-12.2
京成杯  :12.5-10.7-12.2-11.8-12.5-12.4-12.1-12.5-12.3-12.2

前半はホープフルSが59.6、京成杯が59.7とほぼ互角。ホープフルSはL4,L3地点がかなり緩んでいますが、上位に入ったタイムフライヤー・ジャンダルム・ステイフーリッシュはこの地点から動いているように、おそらくホープフル上位馬と京成杯の2,3着馬は似たような脚の使い方になっています。

勝ち時計もホープフルSの2:01.4に対し、京成杯が2:01.2とほぼ互角。両日の馬場状態の比較は難しいですが、ほんの少しだけ京成杯デーの方が馬場が軽かった印象。

以上から、ホープフルSと京成杯は同レベルのレース評価をしたいと思います。

毎年クラシックに直結しないといわれる京成杯ですが、少なくともホープフルS組と比べて劣ることはないです。これでタイムフライヤー・ジャンダルムのような実績が豊富にある組の方が人気するならば、京成杯組の方に妙味があるのではないでしょうか。

今年は多士済々といった感じなので、どっちも他と比べてレベルが低い可能性もありますけどね・・・。

予想結果

馬名 結果
ダブルシャープ 4番人気7着
エイムアンドエンド 5番人気10着
タイキフェルブール 12番人気9着

京成杯の予想記事はこちら

見事に撃沈しました!

ダブルシャープは出遅れたものの、前半が思いのほかペースが上がったのでチャンスもあるかと思いましたが、あれだけ外を回してしまうと・・・。

似たような流れでの好走馬を狙ったわけですが、低速持続力勝負未経験の未知の素質馬たちにまとめてやられてしまいました。イェッツトはともかく、人気のジェネラーレウーノ・コズミックフォースに走られてしまうと、馬券的妙味もないしお手上げです。

スポンサーリンク

各馬回顧

1着15ジェネラーレウーノ

大外枠から好スタート。内の各馬の動きをみて、コスモイグナーツが逃げる気を見せたので、スッと2番手へ。コスモイグナーツが離して逃げたため、実質馬群の先頭でレースを進めます。

前半は60秒前半くらいの通過。コスモが3コーナー前で再びリードを開こうとする動きをみせますが慌てません。緩んだ3,4コーナーで前を射程圏内に入れると、残り200で楽々先頭へ。

そこからムチは入りますが、勢いは衰えず、後方から突っ込んできたコズミックフォース・イェッツトがゴール目前で迫りますが、最後は馬なりでゴールイン。見事重賞制覇となりました。

この馬は未勝利戦が64.1-59.3のL2高速持続戦、葉牡丹賞が62.0-59.4のL2高速失速戦と、前半はスローに落とし直線の反応の鋭さで連勝してきていました。

そのため、前半から流れたレースへの対応が課題と思っていましたが、見事一発回答。最後まで余裕があったように、前後半イーブンペースで走ってもラストまでしっかりと脚を使えました

両極端なL2高速戦とL4超低速戦をともに制したということは、絶対能力が高いことの証明で、2分を超える馬場ならば幅広くレースに対応できるようです。

京成杯組ということで、評価はそこまで高くならないでしょうし、ダノンプレミアム・ワグネリアン・オブセッションとインパクトのある勝ち方をしてきた馬が多い今年のクラシックでは2番手グループの1角に入れられることになるでしょう。

しかし、少し時計がかかる馬場になればかなり強く、世代最上位級の位置にいると私は思います。

課題は高速馬場で、皐月賞は近年1分59秒前後での決着になることから、全体タイムを縮めることができるのかがクラシックへのキーポイント。

弥生賞または皐月賞直行とのことですが、弥生賞はペースが上がらず勝ち時計も遅くなるので、好走できると思いますがここを走る必要も特にないと思います。

皐月直行の方が馬券的な妙味はでるので、個人的にはそちらを希望します。

また、先行して直線の反応勝負でもいいところを見せているので、ダービーでも侮れないでしょう。世間の評価より、私の個人的な評価はだいぶ高いです。

2着05コズミックフォース

スタートはまずまずでしたが、外の先行馬が一気に前に入ってきたため序盤のポジション取りは後手に回ります。また、2コーナーでも狭くなるところがあり結局後方4~5番手に。

向正面から3コーナーの入り口くらいから速くなりますが、ここでは一旦待って、3,4コーナーの中間あたりから先に動いたライトカラカゼの後ろをついていくように勢いをつけて直線へ。

流れが流れだけに瞬発力を感じさせる脚はありませんでしたが、L1地点での坂でもよく伸びジェネラーレウーノに迫りかけるところまで脚を伸ばし続けました。

この馬もデビューから2戦、スローの上がり勝負を戦ってきた馬で、ハイペースの持久力勝負は未知数でしたが、仕掛けを待つことで対応して見せました。

特にL1地点でもしっかり伸びたのは高評価で、本質はスローの上がり勝負よりも持久力勝負でのバテ差しにあると感じました。

こちらはジェネラーレウーノ以上に高速馬場への対応が鍵となりそうですが、もう少し賞金を上積みしてクラシックに出てきてもらいたい馬の1頭です。

今回の競馬だけの評価ですが、タイムフライヤーやジャンダルムといったすでに実績をあげている馬たちと遜色ない能力をもっていると思います。

3着01イェッツト

こちらは最内からのスタートで、ゲートもあまりよくなく先行馬もごった返したため、無理せず馬群後方の内目で構えます。

ペースが上がり始めたL4地点で少し鞍上の手が動くようなところもありましたが、しっかりとついていって直線へ。4コーナーでは馬群のど真ん中で、捌けるのかどうか不安でしたがコーナー出口で慣性を使って上手く進路を確保します。

直線では狭いところをつく形でしたが、前の進路は確保できていました。コズミックフォースには劣ったものの最後までしっかりと脚を使って3着に好走。

これはキャリア1戦でしたが、馬群でもひるまずに捌いていったところなど、レースセンスの高さがうかがえました。もちろん鞍上の手腕によるものも大きかったですが。

先行して脚が使えるジェネラーレウーノ、伸び脚が一番だったコズミックフォースと比べると、レースが上手くいったということもあり評価は一枚落ちますが、キャリアが少ない分の上積み込みで、この馬も面白い存在になれるチャンスはあると思います。

その他の馬

4着以下は上位3頭と比べるとだいぶ落ちると思います。

4着ライトカラカゼ5着サクステッドは、中山の中距離戦ならば500万は突破できるでしょう。上位3頭と比べると見劣りしたものの、ライトカラカゼはコーナーからいい脚を使いましたし、サクステッドは先行勢の中ではよく粘りました。

6着ロジティナも直線はずっと前が狭く追いづらそうなところがあったので、スムーズに走れた時の巻き返しが望めます。

7着ダブルシャープに関しては、ロスが大きすぎる競馬になってしまいましたが、この流れならもう少し通用すると思っていただけに残念です。少し距離が長いのかもしれませんし、ファルコンSからマイル路線にかじを切った方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク