毎週の重賞予想はこちらで行っています!

2018愛知杯レース回顧

愛知杯はエテルナミノルが快勝し重賞初制覇!

4歳時はオープンの壁に跳ね返されましたが、着実に力をつけて念願の重賞制覇となりました。ハンデ戦でしたが、最後にレイホーロマンスに迫られたものの3着以降には決定的な差をつけました。

2000での勝利も初めてで、まだまだ成長を続けている印象も強く、牝馬のトップクラスに食い込むことができるか楽しみですね。




レースラップ

12.2-11.3-12.1-12.3-12.4-12.6-12.1-11.8-11.3-12.0
(60.3-59.8=2:00.1)

最速地点 最高速度 失速度合
L2 高速 失速

コパノマリーンが平均ペースを刻んで逃げましたが、残り800くらいでずるずると後退(心房細動とのこと。脚元への不安は現状ないようでよかったです。)。

繰り上がるようにクインズミラーグロがハナに立ちましたが、自ら動いて先頭に立ったわけではないので、仕掛けが遅くなってしまいました。

上り坂のL2地点での瞬発力が強く求められ、ここで鋭い脚を使って残りの1ハロンを我慢できるかというレースになりました。

予想結果

馬名 結果
レイホーロマンス 11番人気2着
キンショーユキヒメ 4番人気10着

愛知杯の予想記事はこちら

レイホーロマンスが激走してくれたおかげで複勝を的中!

一番鋭い脚を使ってくれて、あわやアタマまでという競馬をしてくれたので大満足です。

ただし、予想した展開・レースの流れとは全く違ったため、馬の力に助けられた感じです。鞍上の岩崎翼騎手が落ち着いて乗ってくれたのもよかったです。

スポンサーリンク

各馬回顧

1着10エテルナミノル

ターコイズSでは上手くいかなかったスタートですが、今回はいつも通りのスタートが切れました。外の馬が積極的だったため、これを行かせて2番手集団の中ほどに。

4コーナーまで馬群の中で我慢をし、直線はコーナーワークで外の進路を確保。

坂では抜け出すまでは至りませんでしたが、上り終わったあたりから一気に抜け出します。残り100ではセーフティーリードといった感じで、外から強襲してきたレイホーロマンスをしので先頭でゴールしました。

スタートから、道中の運び、仕掛けどころや進路の確保などすべてがうまく運びました。

理想的なレース運びだった上に、この馬得意のL2高速失速戦、直線での瞬間の加速からの我慢比べというラップになったのも大きく、2分は切れないくらいの適度に時計のかかる馬場も向きました。

すべてがうまくこの馬に働いたので、この完勝もうなづけます。

時計のかかるL2高速失速戦というのは、1600万勝ちの八坂Sでも見せています。

このレースは重馬場でしたが、63.2-12.1-11.9-11.0-11.6というラップのレース。

力のいる馬場での最速11.0はかなりのスピード。2番手から直線入口での瞬間の加速で一気に抜け出し、5馬身差の圧勝でした。

今回の愛知杯も時計のかかる馬場でのL2高速失速戦で、この馬が一番力を発揮できる舞台はこの条件でしょう。

牝馬限定戦は仕掛けが遅くなりがちなレースが多いので、時計がかかるコースや条件の牝馬限定戦ならばこれからも活躍が見込めますね。

2着08レイホーロマンス

ゲートはまずまずでしたが、距離短縮ということもあり序盤から無理に先行せず、後方集団で控えます。

4コーナーから直線の入り口にかけては、すぐ前にいたハッピーユニバンス・マキシマムドパリを捌くのに少し苦労しましたが、マキシマムドパリが外に出してくれたこともあり、坂からスピードに乗せることに成功します。

坂を上り終わった残り200からの伸びが非常によく、ただ1頭前のエテルナミノルに迫って惜しい2着となりました。

この馬は、小倉1800での500万勝ちと、1000万2勝の内容がすべて持続戦での差し切り勝ち

一瞬の加速力という意味では、17比良山特別2着が12.4-12.2-11.3-12.2というL2高速失速戦でしたが、このレースくらいしか好走歴がありませんでした。

そんな中で、今回瞬間の反応を求められつつも最後まで長くいい末脚を使えました。終いの加速力・持続力ともに高いレベルにあり、想像以上に能力の高さがあるようです。

今回はハンデに恵まれましたし馬格のない馬なので、他馬と同斤になった時に同じような脚を使えるかという課題は残りますが、これなら今後の重賞戦線でも活躍が望めると思います。思ったよりも相当いい馬です。

3着07マキシマムドパリ

スタートはまずまずでしたが、今回はトップハンデということもあり無理せず中団に控えます。道中はずっと我慢し、中団外目から直線へ。進路はずっと空いていましたが、瞬間の反応・残り1ハロンの伸びともにレイホーロマンスに劣り3着確保まで。

マキシマムドパリは重賞2勝がともに失速戦で、特にマーメイドSは11.7-11.2-11.3-12.5で超失速とラスト1ハロンの我慢比べで良さが出る馬。今回もトップハンデで伸びはイマイチでしたが、残り200では前2頭には離されたものの、内で激しい叩き合いをしていた馬たちはすべて交わし切りました。

56キロはしんどかったですが、失速戦での強さはしっかりと見せました。6歳牝馬で残りの現役生活も限られているかと思いますが、東京・京都よりラストに坂がある阪神・中山・中京でなら牝馬では上位の存在です。

その他の馬

4着リカビトスは直線で終始狭いところを突くレースになりましたが、L2の最速地点での鋭さは目を見張るものがありました。切れ味はかなり鋭そうで、広いコースでのスローペースでの巻き返しに期待。まだキャリア5戦で伸びしろも大きそうですね。

5着メイズオブオナーは一番肝心のL2地点で、バテたクインズミラーグロに進路をふさがれて一旦待たされる形になってしまいました。前が空いてからもう一度しぶとくのびていたので、スムーズにエンジンを踏めていたら・・・と思わせるレース内容でした。

こちらは長く脚が使えるタイプなので、小回りコースの持続戦でチャンスがありそうです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク